マーケティングとは?

マーケティングを一言でいえば「売れる仕組みつくり」のこと。こちらからお客さんに「買ってください、買ってください」と言う変わりに、お客様から「欲しい!」と言ってもらえるようにする、流れをつくることです。

つまりあなたのお店や商品の「売り」をお客さんの「目に止まるようにする」ところから始まり、商品・サービスを購入してもらい、購入した商品・サービスをお客さんに喜んでいただき、「次回の商品・サービスの購入につなげる」までの一連の流れを仕組み化すること、それがマーケティングです。

ただ単にお店のサービスや商品を購入してもらうことが「最終目的ではない」という点がポイントです。ビジネスの目的は継続することですから。

マーケティングを学びはじめるとDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)という言葉を見聞きすることが増えます。DRMは通販では基本の「き」とも言われます。わかりやすい例では、無料またはワンコイン(500円)など少額でサンプルやお試しセットで商品の「売り」を実感してもらい、定額利用(サブスクリプション)や上位の高額商品をご購入していただく手法です。だいたいが「今回限り(期間限定)」や「各世帯1回限り」「初めてご購入の方」など、なんらかの「限定(制限)」になっています。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました