見せ方と魅せ方

見せ方、意識してますか?

例えば数字。セールスをする際になんとなく 10%割引きとかしていませんよね?もし今まで10%割引きなどのセールスしていなかったのならチャンスかもしれません。なぜなら数字は見せ方ひとつでお客さんの反応がガラリと変わってしまうパワーを持っているからです。

商品写真なんかも同様に、例えば写す角度でも印象がガラリと変わり、同じ商品でも断然魅力的になってしまうからです。

ずいぶん前に(いつぐらいだったか忘れてしまいました)、ANAが50人にひとりタダ🆓(無料)になる❗というキャンペーンをやりました。凄く話題になってあちこちで取り上げられました(これだけでも大きな宣伝です)。国内線のみが対象で搭乗区間や上限が決められていたように思います(あまりに前すぎて記憶が薄れております)。何が凄いかと言えば還元率の低さです。仮に客単価(この場合は運賃)を20,000円としましょう。50人に1人がタダになるので、通常100万円の売上になるところ、98万円の売上になると言うことです。つまり全体で考えると僅か2%の割引。しかしインパクトは200%❗羽田空港のチェックインにはいつも50人ぐらいは普通に並んでます。

すると列に並んでいる人の誰かが当たる!わけです。周囲にいる人は目撃者👀になり、そのことを誰かに話します。羽田空港はクチコミ発生装置と化し、そのクチコミは各地に散らばっていき更にクチコミが広がるというわけです。秀逸過ぎませんか、このキャンペーン。実際私も羽田空港で目撃者になりましたから(笑)

あなたが次に10%の割引をキャンペーンをする時には是非魅せ方を意識してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました