飲食店は生きるも死ぬも○○次第

飲食店を取り巻く環境の変化

人口減少、自然災害、競合店の進出、コロナ禍における(理不尽な?)営業時間短縮要請を始め様々な規制などなど、飲食店を取り巻く環境は厳しさを増すばかり。長きに渡って地域に愛されてきた老舗が惜しまれつつ、お店をたたんだというニュースを一度は目にしたことがあるはず。いつになったらこの状況から開放されるのやら。頭が痛い日々が続いています。

コロナ禍は売上減少の原因か?

コロナ禍の影響が大きいのは事実ですが、この状況下でも売上を落とさないばかりか、売上を大きく伸ばしているお店さえあります。その違いはなんでしょう?

『コロナ禍で飲食業界は「格差社会」に?』(ITメディアビジネスONLINE)、『今「売上高150%の店」に見えている商売の本質』(東洋経済ONLINE)、『コロナ禍で既存店売上高20%増。ケンタッキー好調の理由を探る』(Dig-in)、『新型コロナウイルス感染症禍の外食産業の動向』(内閣府)など、得られる多くの情報から見えてくるもの、それは消費者心理の変化であって「新規感染者数の人数はあまり関係ない」ということです。

売上につながる顧客リストは○○が高い!

顧客リスト。コロナ禍にあって売上を左右している原動力といっても過言ではありません。顧客リストで大切なのもの、それは「リスト数」つまりお客さんの人数、ではなく「鮮度」です。人数が少なくても鮮度の高い顧客リストがあれば、モノは売れます、サービスは提供できます。人数が多くても鮮度が低ければモノは売れません。顧客リストの鮮度、意識してますか? 

顧客リストの鮮度とは?

では顧客リストの鮮度とはなんでしょうか?ひとことで言えば、最終更新してからどのくらい時間が経過しているか?ということです。 詳細は次回に続きます

顧客リストの中身(構成要素)とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました